フォト

dailymotion

Fool For Your Loving

  • Fool For Your Loving

ジュークボックス

  • ジャイアントロボ

モーションウィジェット

  • KISS VEVO

安奈

  • youtube

KISS

  • God gave rock and roll to you

ヘビメタさん

  • ジュークボックス

経済・政治・国際

2016年7月25日 (月)

ドラマ「恐怖のミイラ」に、昭和の良さが現存していた。

私の動画サイトは生意気にも「趣旨」というのがある。

何でも構わず動画をUPしてるのではなく「昭和」というカテゴリーに則って特撮とかコメディ、アニメ、昭和カルチャーなど載せているのである。

だから、なるべく自分の特徴を出すためにバックデザインを施したり、エンド部分を工夫したり他の同じ作品と区別されるように自分なりに努力している。

そんな作品の中でも、1961年の「恐怖のミイラ」という観たこともないドラマに今チョッピリ日本の原風景を感じてしまっている今日この頃の私なのだ。

観てみなければ分からないと思うのですが、なんちゅうか、そこには本来の「日本」が残っているのです。

確かに、私のサイトには昭和のドラマも多数UPされていますが、終戦から20年経っていない時代のドラマなので、言葉使いや女性の仕草、子供の親への態度、などまだ「礼節」「恥の文化」が残されているのであります。

最初はどうせ「東宝」の特撮ものだからと、期待はしていなかったのですが、ここまでとは…

と、恐怖のミイラではなく「恐怖の平成、未来はどうなんの?」と、考え込んでしまいましたよ。

特に今、参議院選挙が終わり「都知事選」が月末に迫っています。メディアは小池氏、増田氏、鳥越しか取り上げていない。21人もの候補者がいるというのに、18人の候補者の紹介すらスルーしている有様である。

米国から帰国したある友人が「日本の選挙はフェアーではない。米国ではすべての候補者が一堂に揃い論戦を戦わせる。少なくとも、情報はすべての国民に伝えなければ民主主義ではない。日本は何時から共産主義国になったの?中国のことを批判する前に自国の閉鎖主義を反省すべきだわ!」と言っていた。

いやぁ~、40年近く米国に住んでいた友人なので、いつも辛口なんだが、でもこれってほんとうのことでしょ?!

そんなこんなで、せこせこ深夜まで動画編集に忙しい私なのである;;;;

恐怖のミイラ

2016年7月21日 (木)

ブログで言い訳をする様なら、最初からペロペロ喋るな!自動音声付

今朝の虎ノ門ニュースで都知事選をめぐって発言したことについて、以下を補います。
ほんらい、放送で発言したことを補わねばならないというのは良くないとふだん、考えています。
それをやらねばならないのは、すべてぼくの責任です。その点を、お詫びします。

そのうえで、まず今日述べたのは、発言の最後に述べた通り、「現時点での考え」です。
増田さんは、「東京都豊島区が消滅する」という趣旨の研究結果を発表している以上は、それをどうやって防ぐのかをはじめ、一極集中が現に起きている東京をどうやって変えれば、豊島区をはじめ増田さんが言うところの「自治体消滅」という事態が改善できるのか、選挙戦の中で具体的に呈示してほしいと思います。
自治体消滅という増田さんらのショッキングな問題提起は、番組で二度、申した通り、強く否定する研究意見もありますから、あらためて根拠もまた、呈示してほしいと思います。
それができずに投票日を迎える場合は、増田さんに「取り組んでほしい」としたぼくの考えは理由を失います。考えを変更します。

この件は、ぼくとしては今日の番組の中の発言でも示唆しています。しかし「自治体消滅論が象徴する日本弱体化を克服するための具体化が無いと、支持はできない」というところまでは述べていません。そこが足りませんでした。

また舛添都政の時代に、韓国に阿(おもね)る行政がありました。増田さんも小池さんも、問題になった都有地の活用法について「白紙にする」と明言されています。
しかし増田さんは「外国人参政権に賛成している」という指摘もあるのですから、より説明なさる必要があると考えます。
したがって、ぼくが最終的に増田さんに「自治体消滅を防ぐ手本を見せてほしい」となるためには、その具体策の提示と、都政が外国勢力や反日勢力に壟断(ろうだん)されてはならないという明確な姿勢の呈示が必要です。
増田さんが岩手県知事の当時に財政を悪化させたことについてはご自分が当時の県議会で原因を示し、謝罪していますが、都民が不安に思っても当然ですから、あらためて説明なさることが望ましいと考えます。
これを番組での発言を補うこととして、ここに明記します。

今朝の虎ノ門ニュースは、選挙の体験論が中心でした。
少ない残り時間で、陛下のご譲位についての御心、都知事選、南シナ海をめぐる仲裁裁判所の結論という大型ニュースを語るには時間の強い制約があったとは言え、発言を補わねばならないことを、もう一度、お詫びします。

小池さんについては「アイデアを出される高い能力を、さらに掛け値のない実務能力に結びつけていただきたい」と今朝は、ぼく個人として要望しました。
この点は変わりません。
その根拠を示すときに、具体的なエピソードを話しましたが、それはこの点を都知事の重職に就かれるかもしれない小池さんにも知ってほしいからです。
批判だけしているように聞かれるとしたら、それは、まったく違います。
番組で申した通り、いちばん個人的に存じあげている小池さんですから、逆に言い方が厳しくなったことはあると思いますが、あくまでも要望したのが真意です。選択肢としての存在意義をさらに高めていただきたく望みます。

最後に、発言の冒頭に申した「都知事選をとても危惧している」というのは、保守の激しい分裂により反日を是とする立場が利を得ることです。
増田さんと小池さんの具体的な政策論争が盛りあがって、そのなかで従来の保守の枠を超えて広い都民がまずは選択肢の幅を定めてくださり、都政に関心を強められることを何よりも、望んでいます。

なお、自民党から都知事選に限らず、政策や選択について一切、何も言われていません。ぼくは自民党東京都連にも属していません。今後とも、どこの都道府県連にも属さないし、派閥にも属しません。
ぼくは何も変わりません。それが、どのような結果を生むことになっても、です。

後から、言い訳するようなんだったら、なんで主婦の井戸端話のように「小池百合子氏」の裏話をペロペロ喋るんだよ;;;;良いコメントなら良いけど、悪口でしょ?!違うの???

だから、男らしくないと言うんだ!

増田は「豊島区は消滅する」と言っている。そんな野郎を都知事にしていいの?そんな増田に賭けてみるなんて、バカ何ぢゃ無いの?青山氏。

それに、小池さんは都議会解散と言っているけど、都議会に不信任案を出されたらとメディアでいってるぢゃんか。つまりね、我々一般ピープルをバカにしてるんですよ。

もうね、あなたの自慢話は飽き飽きなんすよ。

結局はアベの飼い犬。増田を応援しろと、アベに言われてるジャン。でも、自分は応援は出来ませんとアベに言ったと本人は言い訳しているが、そんな事実証拠があるの?だれか証明できる伝はあるのでしょうか?

で、今頃になって谷山さんや桜井さんのことを添え物のように誤魔化して虎8でノタマッテイル。

恥ずかしくないのかね、青ちゃん!(怒)                            

2016年7月18日 (月)

似非「青山繁治」と無名の活動家「谷山雄二郎」どちらが愛国者か!

最近、青山繁治氏に対して「疑問」をyoutubeで投げかけてきましたが、最近の青山氏は

益々アベの子飼いに成りつつあります。つうか、もう既になっている!

参議院の比例で当選してか、今度は無能な「増田」を応援して「小池百合子氏」を公共のラ

ジオでこき下ろしている。

これが、武士道とか我が祖国とかノタマッテいる野郎のすることか?!

それに対して、何の後ろ盾もなく日本の無実を世界に「英語」で訴えている「愛国者」が居ま

す。

少なくとも、青山氏はこのような活動をやっておられたのか?

口では「めぐみちゃん」を奪還!とか、保守の私たちに心地よい言葉で数年間誤魔化され

ていたわけですよ。

なんもやってないわけですよ、英語が堪能なんでしょ?!

私はもう、青山氏の似非正義は信用しません。






谷山氏は都知事選に出馬しています。 足かせ手かせで、青山氏もアベミックスには逆らえ

ないから、

同じ信条の「谷山氏」をラジオやマスコミに絶対に紹介できない!

ましてや、こんなダークホースを今のうちに潰しておけっていう心境何ぢゃ無いの?www

それが、本心だったら「心ちっちぇ~~~」




だからさ、増田は日本は「韓国中国に」謝罪せよ!ということをノタマッテいる。そんな奴を

青山氏はどうして応援できるの!

都知事選中に、個人攻撃していいのかよ!

これから青山氏はどんどん意見がアベミックスされてくる筈である。

こんな奴を信じていた自分も甘かったなと反省している今日この頃である。






どちらが誠実か、ロクな政治家に成り下がった青山はノーサンキュ=!

2016年7月17日 (日)

戦え!マイティジャック「取られたものは取り返せ!」


もうすでに、この時代に「集団的自衛権」「敵地攻撃」しています。

ドラマとは言え、現在にこんな常識的なドラマ作れるでしょうか?

これでも「戦え!マイティジャック」は子供向きに作られた作品だそうです。

前回の「マイティジャック」は大人向け、13話で打ち切り。まだ、このサイトの主さんもUPしてな

いようですから私も視聴してませんが、なんとなく左巻き連中の匂いがしそうです。

鳥越がこの作品を観たら「戦争反対!」九条死守!と発狂するんでしょうかwwww

とにかく、31日の都知事選は絶対に基地外「鳥越俊太郎」には入れてはいけません!

鳥越になったら私は都民やめたいです!

2016年2月15日 (月)

「従軍慰安婦=sex slave」と言う汚物語!



昨夜、ツイッターを見ていたら「谷山雄二朗さん」の「従軍慰安婦の真実云々」という動画をフォロワーさんがUPしていた。


海外で活躍しているマルチ俳優さんのようなんだが、私は余り存じ上げていなかったので海外から従軍慰安婦問題を日本の立場をある意味「擁護」している姿には「脱帽」であった。


これって、本当は日本国及び日本人が海外に積極的に発信してゆかねばいけない事なんですよね。ただ「慰安婦像撤去」とか目の前のことばかり取り上げられているが、慰安婦の根本の真実の姿が表にでていない。


 

特に、余りにも現地の在住邦人の団体も移住している邦人もやる気が無いのか我々と同じく「人任せ」ということが既に戦争放棄しちゃっているのだ。


まるで「憲法9条遵守」である。40年近く米国に在住されていた知人なんかに話を聞くと「現地の日本人たちはおとなしく声も挙げない、虐められてもただ耐えているだけそんな彼らに戦え!と言っても無理だ。」と言う。

なんてこった;;;


そんで、決定的な致命傷は「英語が話せない」という現実だ。


日本人同士でコロニーを作っているから米国人になれないし、主張できないのだ。余程、シナや朝鮮人の方が貪欲である。

そんな中で、日本人の俳優さんが擁護してくれるということは、大いなる援護射撃だ。



でも、私たちはそこで彼らに「甘えて」しまってはイケナイのである。やっぱり政府=安倍首相が何もしないのであるならば、国民が立ち上がらねば駄目なのだ。


日本だけが「慰安婦」を利用したのか?

そうぢゃないだろ!白人共も特亜ミュータントも「慰安婦」を利用したんだろ!



大体、あんな汚い朝鮮のクソ婆さんを祖先が抱いたと思うと反吐が出るんですがね。

2016年2月14日 (日)

百田氏の「日本国憲法」は全て「GHQ憲法」論は既に破たんしている!真実を直視せよ。

 

ようつべの動画を拝借しました。ぜひ皆さんご覧ください。

政治評論家の「岩淵辰雄氏」のひ孫様に視聴していただきたいです。

事実は変えることはできません!

                          ☆

この動画は10年前放送されたNHKETV特集 「焼け跡から生まれた憲法草案」の短縮編集映像である。

私は「改憲論者」である。一日も早くGHQ憲法を破棄し日本国民の手によって「憲法」を新たに作り変えるベキと思っています。だからこそ我々日本人は、敗戦の原野で現日本国憲法を日本人の手によって作り上げようと奔走しGHQ草案のお手本になった「憲法研究会」の民間人の勇気と気概を知らねばならないのである!

 

先日、百田氏と青山氏が虎8元旦収録時の発言「日本国憲法」は全て「GHQ憲法」であり、幾つもの日本の「草案」を作らしたが全て気に入らなかった。だから自分たちで草案を一週間で作った。それも法律家は三人以下は度素人たち、20代の女性もいた。

 

そんなトンでも発言を聞いて私は自分の耳を疑った。そして、こんな乱暴な持論を多くの国民が知らねばならないと口を揃えて述べていたことがショックであった。私はとても落胆した。お二人をとても尊敬していたのに。

どんなに国賊な放送局NHKが制作した番組であっても、真実が放送されていたら認めるところは認めるべきではなかろうか?


全て事実に反していると「糾弾」してよいのだろうか?

 

確かに、米国は百田氏が言うように戦後の日本を弱体化するために色々な事を日本国に仕掛けてきました。その部分では私も異論はありません。

だが、日本人が本当に知らねばならない真実とは「ただ、「日本国憲法」は全て「GHQ憲法」だという単純なことではない。

 

その裏に隠れている本当の「真実」を語ることである。

 

これだけの証拠は誰も覆すことはできない。戦後の焼け跡で「憲法草案」を日本人の手で作り上げたこの勇気ある7人に私は何も言えない。

日本の誇りだと思っている。

 

ぜひ、この事実を多くの国民が知るべきである。そして、新たな日本国憲法の礎にしていただきたい。

2016年2月13日 (土)

日本国憲法誕生の真実―その1

この番組は犬HKの「日本国憲法誕生」の番組であるが、概ねこの内容は信用してよいと思う。事実、「憲法研究会」の存在を認めているからである。百田氏が述べている事実とは相当かけ離れていて、岩淵辰雄氏のひ孫さんの仰っている事がこの動画を見れば一目瞭然である。そして私が個人的に調べた事と合致している。このことの方が絶対に国民に伝えなくてはいけない!

だからと言って私は日本国憲法を護憲しろとは言っていない。

「憲法は改正しなくてはいけない!」

ただ、GHQのみで「憲法」を作ったのではなく、日本人が関わっていたという重要な事実は「日本国民」は知らねばならないということです。





もう一度言います。憲法研究会のメンバーは「GHQ憲法」は改正すべき!と。

2016年2月 3日 (水)

百田さんに一言その2~~~~

 

S364/7日自民党憲法草案調査会「速記録」を調べてみた。


以前にも日記でも書いて有る通り、私は「改憲論者」である。一日も早くGHQ憲法を破棄し日本国民の手によって「憲法」を新たに作り変えるベキと述べてきた。

 

しかし、ここに来て一部過激な右側の論者によって「真実」を歪める由々しき状況になっている。それが、2016年百田氏の虎8元旦収録時の発言「日本国憲法」は全て「GHQ憲法」であり、幾つもの日本の「草案」を作らしたが全て気に入らなかった。だから自分たちで草案を一週間で作った。それも法律家は三人以下はど素人たち、10代の女性もいた。

ここで矛盾がある、日本人ぢゃあるまいしヤンキー達がなんも参考にせずに真面目に色んな国の憲法を参考にし作成できるのであろうか?尚且つ時間が切られていて全員ど素人もし自分だったら民間人が作った憲法草案を拝借する自然である;;;;それも、極東委員会のバカ共に「早くやれ!」と突かれマッカーサーは焦っていたのだ。どうも合点がゆかない、これって大枠では「GHQ憲法」と私も思うが、やはり日本人の憂国者達の知恵が働いていたと解釈すのが自然だと思いますよ。

タラレバ終了。

 

この番組は地上波と違ってフェアーな立場で情報を分りやすく解説しているし、個々のキャスターが左ではないので自分的にも視聴していた。が、しかし、あの様に当時の事など理解していない百田氏が「何を証拠?」に「殆どの日本人の憲法草案は取り上げられなかった」と断言できるのであろうか?

あの当時関係していた学者及びジャーナリストの子息の方々は「寝耳に水」であったろうと思うと、なんちゅう歴史を歪曲してんやろ?こんなん、朝鮮人と同じく「被害妄想」100%でつっぱっしっているんぢゃねぇ~か!と、個人的にも「この人って瞬間湯沸かし」的「アフォと違うか?」なんですよね。

 

だから、岩淵氏のひ孫さんはあのような文章を虎8にメールしたのである。

返事は一ヶ月近く経っても「返事無し」無視ですわ;;;;これってどうなんでしょうかね?このひ孫さんは「左翼」でも「シールズ」でも市民活動家でもありませんよ。

 

普通の日本国民です!!!!!!

 

しかし、なんだな、ここまでしないと、彼らとコンタクト出来ないんですよ!っていったいなんなんだ?

自分たちに有利な有益な「意見」は取り上げるが、害が及ぶ意見は「破棄」なんですよね。どうしたら当事者及び子孫の気持ちが浮かばれるんであろうか?

 

答えてください、「百田尚樹」殿。

 

確かに、あのGHQ憲法は短期間で作り上げられたことは事実でしょう。しかし、短期間で「極東委員会」に日本の存続を「憲法」という形でなんとか認めてもらい、一日も早く国際復帰できるようにマッカーサーは焦っていたという不条理な現実があったことは認めなければなりません。絶対にね。

 

百田発言の矛盾点

 

速記録を読んでると、ちょっと百田氏の発言していることとは違う部分がでてくるんですよね。

 

『百田氏は日本人の憲法草案は取り上げられなかった。』云々

昭和3647日「憲法調査会事務局」の憲法調査会会長「高柳賢三氏」の記録によると。(一部証言省略)

 

高柳賢三氏

総司令部におりましたラウエルGHQ憲法責任者の一人)という法律家の元に友人の高田君が訪ねにゆきまして、当時のことを色々と聞いてまいりました。そういう一週間で憲法なんてと作業をしているとき「憲法研究会案」を見たのです。ラウエルは「これは良い案だ、これならモノになる、だから足りないところはかなり付け加えました。」どこを参考にし付け加えたか全てマッカーサーに提出しました。

 

矢部)

これがその書簡です。(この書簡は日本に残っていますよ)「憲法研究会案」にラウエルが意見を加えてマッカーサーに提出したそうです。

 

高柳)

そのころマッカーサーは「なるべく日本側から出た日本の案を尊重するようにということで、占領政策という枠も民主化という線を強く出すように言われていたそうで、「憲法研究会案」が一番気に入っていた。

 

矢部)

誰が持っていったのですか?

 

岩淵)

私の記憶ではアチソンの下のコールグローヴですね。

とまぁ~、当時の速記録にはちゃんと日本の「憲法研究会案」を相当の部分を使わせていただいた。とラウエルは証言している。百田さん、嘘はやめましょうよ、全然ソースが真逆ぢゃないですか?!どうしてですか?????????

 

そして、幣原首相については、そんな子々孫々を思いやるような行動はとっていない。だって、「憲法改正」なんかけしからん!といきまいていたんだから。でも日本を独立させる条件として「憲法改正」とマッカーサーに命令されていたので、幣原も憲法草案を作った(政府案、松本案)まるで明治憲法そのままの乙案。民間人憲法(憲法研究会案)が提出した(曽祖父以下数名)の甲案。幣原側にはマッカーサーに唯一逆らった日本人「白洲次郎」が関わっていた。だから、逆らう日本人には冗談でもいうであろう「原子力の暖を取ろう」と。ここの部分は犬HKのドラマ「白洲次郎」に描かれていたシーンそのものです。w

 

結局、マッカーサーは甲案をチョイスしたということなんですよ。

 

とにかく、極東委員会を短期間で納得させるにはその手しかなかった。

当然、民間の「憲法研究会」は米国側および極東委員会は「憲法」を持ち出してくるのは終戦前から予想していて、幣原や近衛の古臭い憲法草案の裏をかいていたのだ。だから、「天皇陛下を象徴」という案がマッカーサーには目に留まったということです。

 

そして一番大切な部分とは、甲案を作った民間人はイデオロギーが違えども「10年経ったら、日本国憲法を再検討しよう」と申し合わせていたという事実です。

 

岩淵)

とにかく終戦のあのときは、ごたごたしてですね、社会もごたごたしていたが、人間の頭脳も思考もね。それで私たちの憲法も十年ぐらいしたら、再検討しようということだったんです。改正するしないに関わらず時代のテンポが速いから、やはり、適当のときに検討する必要があると申し合わせました。

 

以上、調べた結果、百田氏の発言には多分に「無理、強引」さがにじみでていたということが分かりました。

 

また、資料が出てまいりましたらご報告させていただきます。

2016年1月19日 (火)

安倍さん、また下痢気味で楽しちゃったかな?!w

今回の安倍首相の裏切り行為とは、許しがたい暴挙です。ここ何百年も何世紀も日本国民は世界の女性に対してお詫び行脚を行わなければならなくなりました。この責任はどうとっていただけるのか、国民の一人として怒りを通り越して「呆れて何も言えません」。

本国を家と例えるならば、安倍首相は家族を犠牲に家の体面を重んじたということでしょうかね。家を守ることは得てして家族の解体に繋がることがある。安倍首相は一時の面子を繕うことで家族の絆をバラバラにしたのです。

国民を裏切ったということです。

本来、安倍さんは「軍の関与は無かった」と言ってました。ていうか、従軍慰安婦問題なんてものは無かったんだと!昨年、朝日新聞を筆頭に吉田清二の嘘の証言が国民に明らかになっていた。だから、与党が多少危なっかしくても私たちは安倍首相を信じていたんです。それが年が明けて舌の根も乾かぬうちに「軍の関与はありました!」と認めてしまった。安倍さんに一体何が起こったというのでしょうか?まさか、本当は軍関与はあった!という資料が国民の知らないところから発見されたんですかね?確実な証拠でも出てきちゃったんですかね?

と、勘ぐるしかないじゃないですか?冗談でもそんなことないと思いますがね、でも、認めておきながら予算委員会では「軍の関与は、衛生管理も含め、管理、設置に関与した」と誤解されるような答弁だった。

いやはや、それ、英語で訳せば「関与してるじゃん」となるじゃん;;;;

外務省とか首相のお友達さん共は「そこんところ誤解されますよ」なぁ~んて言わなかった指摘しなかった、面倒だから「やってないけど」刑事さんがしつこいから楽になりたいからその場で謝っちゃえ!方式ですかね!!!!!!えっ?!

痴漢してないのに拘留されるの嫌だから「認めます、僕やりました!」ですか;;;

奥さんやお子さんは大変だ、一生「痴漢の妻、痴漢のこども」と後ろ指さされるのだよね。これって、我々子々孫々のことなわけよ!

やっぱ、今年の選挙負けた方がいいのかもね。と、個人的には与党は安倍首相はもう一度地獄の鍋に落ちて行った方がいいんじゃね?保守という名を借りて民主と同じようなそれよか酷い政治やってんだもん、次、誰がやろうが、もう、私は日本の再興はない!と思ってます。

余談だけど、未来人さんの証言だと、次は石破さんらしい;;;;そんでもって将来は小泉政権が誕生し日本を救うらしいwwwww

もう、どうでもいいよ…


水島さんの今までの血のにじむような運動は一体なんだっただ?もう、この頃、社長を見ていると気の毒に思えてきました。慰安婦を認めれば次に狙われるのは「靖国神社」「天皇陛下の土下座」ですよね。悪い予想はなんとでも立てられる。

まずは、河野・村山談話を踏襲する時点で安倍さんは今回の決断をしていたのではないかと勘繰りたいよ。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160118-00000575-san-pol

参院予算委員会 安倍首相「慰安婦問題をめぐる誹謗中傷は事実ではないと示す」

安倍晋三首相は18日の参院予算委員会で、慰安婦問題をめぐる昨年末の日韓合意について一部海外メディアが慰安婦を「性奴隷」と報じ続けていることに関 し、「海外プレスを含め、正しくない誹謗(ひぼう)中傷があることは事実だ。性奴隷、あるいは(慰安婦の数が)20万人といった事実はない。政府として、 それは事実ではないと、しっかりと示していく」と述べた。

 日韓合意で日本側が認めた「軍の関与」については「衛生管理も含め、管理、設置に関与した」と述べた。日本のこころを大切にする党の中山恭子代表の質問に答えた。

 質疑の中で中山氏は「日本が軍の関与を認めたことで、海外メディアで日本は恐ろしい国だ、と。日本人はニコニコしているが、本性はけだものであり、残虐だと。世界の人々の見方が取り返しのつかないものになっている」と懸念を示した。

 岸田文雄外相は「海外メディア、欧米主要国でも日韓関係の改善は高く評価している」と述べた。その上で、「不適切な表現、事実に基づかない表現が散見さ れる。不適切な記述はしっかりと申し入れを行い、わが国の立場、事実については国際社会にしっかりと明らかにしていく」と述べた。

 中山氏はさらに、「これから生きる子供たちに謝罪を続ける残酷な運命を追わせたのではないか。首相はどう流れを払拭するのか」と迫った。

 首相は「慰安所は当時の軍当局の要請により設営されたこと、慰安所の設置、管理、移送について、旧日本軍が直接あるいは間接的に関与したこと、慰安婦の 募集については軍の要請を受けた業者が主にこれにあたったことは、従来述べてきた通りだ」と強調。「私は、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子供たち に謝罪し続ける宿命を背負わせてはいけないと考え、その決意を実行に移すために決断した」と述べた。

 中山氏は「少しホッとしている。政府はぜひ、力を入れて、国を挙げて日本の名誉を守っていただきたい」と注文を付けた。

中山さんは優しいよね、もっと強い口調で「守れ!ごらぁ~!」でいいんですよ!

2016年1月17日 (日)

百田さんに一言その続き~

当時、岩渕辰雄、室伏高信、馬場恒吾、森戸辰男など自主憲法を作るため銀座の「富士アイス」という喫茶店の2階で日夜議論をしていました。だが、憲法に詳しいもの達がおらず、鈴木安蔵や高野岩三郎に呼びかけ憲法研究会を立ち上げたのです。※当時の富士アイスはジャーナリストのたまり場でした。ですから草案は毎日新聞に漏れたのだと私は思っています。皮肉なもので「外国人記者クラブ」のビルは元「富士アイス」です。


そして、もっと言いたかったことは、そんな草案を作った派の連中達は常に「憲法改正」を訴えていたということです。

(天皇陛下の象徴を述べたのは岩渕ですが、その案に一番反発していたのは共産主義の高野岩三郎だったのです。曾祖父は保守なのに左翼にたしなめられたのです。余談ですが)


特に曾祖父は亡くなるまで「日本国民の手で憲法を作らねばならない。」と述べていたし、特に吉田首相には再軍備しろ!とブレーンの一人として発破をかけていました。軍がなければ未来のチベットになると警告していたほどです。

当然、憲法9条は認めていなかったし、後の記述に「あの9条はマッカーサーの案だ。」と書かれていました。


「如何なる制度でも法律でも完全なものはない、その時の情勢に応じて手直し、運用の妙を得ればそれで足りるものだよ、国の基本法である憲法だって悪いところがあれば直せは良い」など、米国が作った憲法は日本人の手で作り変える「憲法改正」すべきと訴えていました。それも曽祖父の予想だと改正は40年位は掛かると記述されていました。当時の寄稿が昭和30年ごろの記事だったので既に予想は外れていますが、真に曽祖父は「憲法改正」を生涯訴えていました。

このことはNHKの「日本の、今」という番組に出演依頼された時、Eテレで制作された憲法番組で間違ったことを伝えていたので「憲法改正」はすべきと曽祖父は言っていました。その部分が抜けていたのでちゃんと調べて放送してください!と述べました。


ですので、日本側の案は一切無視されたというような発言を聞かされショックで、とてもその夜は眠れませんでした。 


※この今までの事実は、護憲派にはとても有利な情報でして、「日本の青空」なんてとんでもない映画が数年前製作される始末です。当然、岩淵辰雄も出てきます。でも、左翼側の解釈に偏向されているので「憲法改正」という本当の意味の目標が定められていません。特に身内の気持ちはズタズタで、

共産党のHPには曽祖父はいつの間にか左翼側の仲間にされているのですから堪ったもんではありません。

はっきりここで言える事は、草案立案者の中に左派が数名いてその存在が保守には認められないということではないか?そして、先の戦争に反対していた保守の言論人=曽祖父などが、一部の保守思想家にとって許せない存在となっていることが誤解を招いているのではないかと思っています。特に吉田のブレーンだったことも影響しているかもしれません。

ぶっちゃけ、身内の中でも左翼的お花畑脳の人もいますし、今の平和憲法などと口走っていますから~数年前にその方と口論になりました。



まっ、事実はこんな感じなんだけど、 百田さんは幣原喜重郎が相当GHQ案を悔しがってた云々といっていたんだが、当時、幣原喜重郎は明治憲法を少し弄くった「松本草案」を推し進めていてその案をGHQに蹴られたもんだから悔しかっただけで、日本の早期独立なんてこれっぽっちも思ってはいなかった。それが証拠に「憲法9条」の立役者はこいつとまで言われている;;;;真偽は分からんがひ孫さんが悔しがるのも無理はないと思います。本当の事を国民に伝えるのであれば、自分ら右側の意見ばかり強調するのではなく、真実を語ってくれないと我々もこまるんですよね。


つうか、当時、極東委員会のバカどもが自主憲法を急いで作らねば米国の統治を許さないという、けったいな要求をしていたもんだからマッカーサーも焦っていたと思われるんだよね。だから、その先手を打って「憲法草案」を民間人(学者・ジャーナリスト)なんかが先に作ってたという単純な話なんだと思うのだ。だって、明治憲法をそのまま出したら日本の独立はどうなってたか分からないでしょうに;;;;極東はさ、日本を叩き潰したかったんだから。


百田さんももう少し冷静に公平な立場になって調べないと、これって「小説」ではないのだからして…、そして、肝心な部分は「草案」を大変な思いをして作った日本人自体が「憲法改正」!と声をあげていたということです。そこんところちゃんと押さえないで、なにが「憲法改正」ですか!当時の心ある愛国者だって自主憲法を願っていたんだ。


この頃の両氏にはちょっとがっかりカードですよ;;;;;;


勉強してくれ!!!!!!!!!!

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ