フォト

dailymotion

Fool For Your Loving

  • Fool For Your Loving

ジュークボックス

  • ジャイアントロボ

モーションウィジェット

  • KISS VEVO

安奈

  • youtube

KISS

  • God gave rock and roll to you

ヘビメタさん

  • ジュークボックス

« 新薬メマリーの副作用は怖い… | トップページ | 「悪魔の子」やっぱ殺しておけば良かった。 »

2012年1月28日 (土)

やっぱりアルツハイマーだった。

今年は昨年と同じく、葬式や入院で幕が開けた。自分たちも年寄りになるにつれて両親や叔父叔母や近親者が亡くなってゆく。考えてみたら、ワタシの歳で両親とも健在というのが珍しいことで、普通ならもうとっくに亡くなっていてもおかしくない。だからか、未だに大人になりきれていないワタシって恥ずかしくも思ったりする。

等々、父も先日の血流検査で完全にアルツハイマーが進行していると分かった。現実はそうなんだろうが認めたくない自分がいる。だから、家族の者が見ると欲目でみてしまうから「お父さん、しっかりしているのに…」と思ったりする。けど、他人の夫など「やっぱり、ちょっとおかしいよ。」などと言われてしまうと激しく抵抗してしまう。

二三日前にも父と電話で会話したが、はっきり言って呂律がちょっとおかしかった;;;もう、85歳で仕事なんか出来ないのにやたら「仕事に戻りたい」とか、「でも、今の若い人には敵わない。」とか意味不明なことを繰り返し聞き取れない口調で話す。なんだかなぁ〜、実際に自分の父がこうなると、施設に入所している認知症の利用者さんの方が遥かにまともに見えてくる。

現在は介護認定も終了し、後は認定を待つだけなのだが、やっぱりというか来月から精神科に通院することが決まった。元々、アルツハイマーは脳神経科ではなく精神科の領域な訳で、当然の成り行きだ。遅きに失した感は否めない。しかし、人生って皮肉だな、両親共々職場が「精神病院」で、その父が精神病院のお世話になるとは…。

母がつぶやいた。
「このまま、状況が悪くなったら元勤めていた精神病院に入院になるかもしれない…。」
それは、嘗てプロだった母の直感からくるものなのだろうか、何となく娘として変に納得してしまった。

しかし、脳科学者?の澤口俊之氏がこの間さんまの番組で「今はアルツハイマーが完治する薬があります。」と言ったの憶えてるんだけど、調べたらそんなの見当たらないんだけど、本人にメール送ろうにもブログが閉じていて「言い逃げ?!」;;;;
この人自体、あんまり信用していないが、アルツハイマーで悩んでいる人はこの世に五万といるんだから、情報は正しく流してほしいものだわ。(怒)

« 新薬メマリーの副作用は怖い… | トップページ | 「悪魔の子」やっぱ殺しておけば良かった。 »

医学」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ