フォト

dailymotion

Fool For Your Loving

  • Fool For Your Loving

ジュークボックス

  • ジャイアントロボ

モーションウィジェット

  • KISS VEVO

安奈

  • youtube

KISS

  • God gave rock and roll to you

ヘビメタさん

  • ジュークボックス

« 地獄を見てもダメだこりゃ? | トップページ | 見殺しにして良いという判決?! »

2010年9月19日 (日)

全てセバスのポカから始った『黒執事II」。

悪魔で悪魔の執事ですから〜というオチ;;;w
アロイスによるアロイスの為のアロイスが主役の「黒執事」だったってことか?
なんか、スゴイ脱力感。

  ☆

たかがアイロスの魂如きで2期をこんな駄作にするなんて、何考えてんの?!と思ってしまう。
もっとマシな脚本って書けなかったのか?
スゲイ不満だらけ。
最初から原作とアニメは別物だということは百も承知はしていたが、期待させておいてここまで酷いとは毎週視聴するのが辛かったです正直。
それも感想なんて書いてたんだから余計に腹が立つというもの。orz
結果1クール(中途半端な12話)で終了、アイロスの望み通り(最後シエルが悪魔になって復活、その悪魔に一生涯仕える執事セバスチャンという無茶苦茶な結末)にして全てバンバンザイ。
って、腐女子をつなぎ止めて3期を迎えようなんて思ってんだったら「視聴者を愚弄するのも程があるぞ!」と叫びたくなるってもんですよ。
ていうか、そんな悪魔なシエル・ファントムハイヴ伯爵&セバスチャンという設定で3期を期待できる人っているのかな?

ましてや、そこに落ち着くかよ?!という結末。
結果ありきの場当たりアニメとでも言うべきか。
(OVA6本あるというが、)

しかし、シエルも軽くみられたもんだよ魂を〜、要は、捻くれた親無しの子供2匹&暇コイタ人間臭い悪魔共にもって魂を乗っ取られ運命をも変えられてしまうんだからな。
今後、3期をヤルにしたって『アクマで流浪ですから〜』とでもいい訳するのか?!www

   ☆

舞台は「死の島」。
悪魔が人間の魂を喰らう島。
シエルの肉体にはアイロスとシエルの魂が共存していて、その内のアイロスの魂とハンナは契約を交わした。
(契約が上書きされるという矛盾)
※但し、ハンナと交した契約内容は最後まで明かされない。
よって、シエルの魂を欲しければクロード&セバスは共に闘い悪魔の剣によって相手を殺さなければならない。勝ち取った悪魔がハンナを倒せばシエルの魂と肉体は元の人間に戻る;;;;;
とまぁ〜結果、セバスがクロードを倒したのだが、ハンナはシエルを抱いたまま海の中へ。
その際に「坊ちゃんは悪魔になって蘇ります」というハンナの言葉を聞いたセバスは再び怒りが込み上げ(またもや喰えない)シエルを助けに海の中へ消えてゆく。
詰まる所、シエルが悪魔になれば永遠に魂を喰うこともできなく、永遠に悪魔である坊ちゃんの執事として生き永らえねばならないということだ。
今までの自分の努力はなんだったのか?
セバスの立場は最悪である。
それも、一瞬の油断からこんなことになったんだものね。
しかし、最後の最後までセバスにとっては心残りなドジっ子振りである。
賛否両論になるのは無理ない黒執事IIですた;;;

(よくもまぁ〜、そこまで複雑に構成したもんだ。w)

しかし、こういう結末だと、先ずは2期ありきで無理矢理ストーリーをおっ被せ、主人公2人は辛うじて生き延びさせる云々という、もうそこには視聴者への目線が無い!と思われても仕方がない。
それに、シエルを悪魔にするというアイロスの願いだって、別に身分をトランシー伯爵にしなくたっていいこと。
そして、二三重に複数の悪魔と契約ができてしまうという矛盾がワタシには理解不能。
もうこれは、既に3期は無しで、この中途半端な結末で原作者はアニメ版を決着させたかったのではあるまいか?と勘ぐってしまう。
そんで、余計なOVAで一儲け;;;;

(ネタ切れということ?!)

つうか、2期はやっつけ仕事だったのか?という正直な感想だ。
そして、一番残念なのは、この結果の最大の原因とはセバスチャンのミスから始ったと言うことになるのだ。

セバス、シエルの魂喰おうとした瞬間クロードに横取りされる。

そもそも、セバスチャンが第1期最終話でシエルの魂を食い損ねたことが諸悪の根源。
<喰う瞬間、一時的に左手のペンタグルが消えた為に取られたといい訳するセバスなんだが、そもそも、そこでドジることがアリエナイザーであって、今期のセバスはミスというか脇甘すぎる!>
2期に繋げるにしろ、ドジっこセバスって設定どうなの?

そんで、いつごろから、どの時点でクロードがシエルの魂の価値を計ったかである。
つまり、クロードは第1期の時点で(シエセバ&その他大勢)何らかの関わりを持っていなければ、2期の下らん計画など企てる訳がないからだ。
それもハンナ(ラスボス)という厄介な悪魔を伴ってだ。
そういうのも分からないまま2期も終了。
常にこのアニメは最後の詰めが甘いのだ。
そして、最大の謎が第1期で死んでいる筈の女王陛下が健在というのはどうなの?
前期で死んでいる筈のラウ&ランマオに関しては、<しかし死んだわけではなく、第2期では藍猫と共に何事も無かったかのように舞い戻る>アクマで死んでいなかった;;;というウィキでの説明のみ。
そうなの?あれって完全に殺されてなかった????
都合よ過ぎぢゃない?
視聴者としてはチト疑問が残るんだがね。
まぁ〜、そんなことを一々論ったって「事細かく説明しなきゃ理解できないのか!」と言われればお終いなんだけど。

結局、ハッキリ、クッキリ言うと、アイロスのシエルへの歪んだ嫉妬そのものだったということだ。
でも、セバスまで巻き込むことはないだろうに!

親に捨てられ、人から愛情を得られなかった哀れな貧乏人の少年が悪魔を使って細やかな世間様への抵抗っていうのを演じたということだ。
それも悪魔クロードに愛を求めちゃった所に哀れさを感じてしまう。
とても退屈な内容でした。

それに比べ「涼宮ハルヒの消失」は神アニメと崇めてしまうよ。
全てのプロットが練り上げられていて劇場版ですべて繋がってゆく。
うぅ〜ん!と唸ってしまう大傑作!
もう、癖になって仕方がないハルヒ様だ!w

今年最大の傑作ハルヒには到底辿り着かないであろう「駄作」とワタシは黒執事に細やかなる不安を感じる今日この頃でした。

おわり!

« 地獄を見てもダメだこりゃ? | トップページ | 見殺しにして良いという判決?! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

黒執事」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ