フォト

dailymotion

Fool For Your Loving

  • Fool For Your Loving

ジュークボックス

  • ジャイアントロボ

モーションウィジェット

  • KISS VEVO

安奈

  • youtube

KISS

  • God gave rock and roll to you

ヘビメタさん

  • ジュークボックス

« ◎めまい◎とローラーコースターと船酔い。 | トップページ | 夫婦揃って日本の恥でした。 »

2010年6月 1日 (火)

老人VS取り合えず若い奴?!

「たかじんのそこまで言って委員会」の最後に嫌韓流の作者「山野車輪」が登場した。
テレビ初というんだから世間様に面が割れたということなんだけど、正直、「あぁ〜?!」と思ってしまった。
こんな軽い男なの?っという感想でガッカリカード。
40でパツキンで喋りもバカっぽくて滑舌悪いし、何言ってるのか何が言いたいのか分かんない。こういう人が嫌韓流を描いていたのかと思うと、だれか裏にいるのかよ?と疑いたくなる;;;

んで、先ごろ「若者奴隷」時代 という漫画を出版したそうな。
まぁ〜、その宣伝を兼ねてか知らんが若者がしっかりしないのは老人(50以上?)の所為ときたもんだ。
全く持って自分勝手な言い分だ。
(そこからしか世間を見えんのか?!)

『山野先生教えて!! なぜ最近の若者はダメになってしまったの?』
というお題目。

<山野車輪の言い分>
1 既得権まみれの「中高年正社員」
2 若者を奴隷扱い「高齢者帝国」
3 高齢者を優遇「政治・マスコミ」

※こんなこと抜かしても、若い奴らがやらないから老人がやってんだよ!

しかし、なんだろう?仕事というと全てサラリーマンとしか考えられんことがワタシにしてみればナンセンスなんだけど。
就職先=一流企業ってどうしてそうなるの?ホワイトカラーだけが仕事ではないぞ?!
ワタシの知る限り、町工場の技術屋さんなんか若者を欲しがっていますよ。
例えばね、塗装技術や検品技術なんていうのはベテランの老人がやってんだよ。それは若い奴にやらせないんではなく、技術を教えたいんだけど若い奴が面接に来ないだけ。細かい作業とか汚い作業とか嫌がるもんだからしょうがないから老人が頑張ってんだよ。
この間も、塗装用のマスキングを日に300こなしてる60代のオバサンが言ってたけど、職業訓練校の生徒でさえ1日で辞めてしまうんだって;;;;
何これ?これでも老人が悪いのかね??????

(塗料やシンナーの匂いがイヤだから半日ももたない)

商店街みて見ろよ、商売なんかやる人いないからシャッター閉まってるでしょ?これだって、みんながやる気ないから商人が育たないんだよね。
この世はサラリーマンだけで回ってるンぢゃないぞ、就職という前になんで自分は生きていられるのか考えてみろよ。

団塊の世代の父ちゃんや母ちゃんに食わしてもらってたんだろ。
結局は、50代以上の老人の世話になってんだよ、今の無職の若い奴らわな。
なんでもかんでも世間様の所為にして逃げるぢゃねぇ〜!

飯食うにも、雨露凌げる家に住むにも、金を稼がねばなんない。
一時的な金ではなく、未来永劫稼げる腕を持たねば一生安心して食ってゆけない、その為に人は職に就く。
でも、その職は一つではない。言っておくけど;;;;

んで、山野車輪は爺婆が悪いって言ってるけど、ハッキリ言うと親と学校の教育が悪いに決まってんだろ!
それもさ、教育ナントかというバァカだ。
なんでもかんでもバカ田大学とか、小学・中学受験させるバァカ女だ。
大学卒だと何となく安心する症候群とかいう病気?
ワタシに言わせりゃ〜「だから何?」だわね。

問)偏差値70の高卒と算数・国語デキナイバカ田大学生とどっちを雇うか;;;;;

今までは『算数・国語デキナイバカ田大学生』だけど、今後は『偏差値70の高卒』を雇うといいぢゃね〜。
その方が企業の即戦力になるもんね。

その内、大卒より能力ある中卒や高卒がこの国を牽引いてゆくかもね。
だってさ、現実に大学生が小学校や高校に遡って勉強しているってんだもん、これって若者がダメという前に日本人が溶解しているってことぢゃん?!
こういう実態を山野車輪はどう考えているん残暑;;;;;

やっぱ、出版、失敗か?!w

« ◎めまい◎とローラーコースターと船酔い。 | トップページ | 夫婦揃って日本の恥でした。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ